松田さん、市教委の「君が代強制通知」に対し、質問書を提出

松田です。

大阪市教委は2月3日に、昨年と同様の「君が代」を強制する教育長通知を出しました。

教育長通知

昨年2月22日、職員基本条例第43条2項の規定を根拠に、この教育長通知とそれに基づく職務命令が教育を破壊する不当なものなので取り消してほしいという申し出を行いました。結果は「取り消さない」という結論だけの口頭回答でした。今年度は公益通報を行い、申し出に対する対応は重大な不正があり、是正されるべきと主張しましたが、大阪市公正職務審査委員会は調査その他の措置をとる必要を認めませんでした。

8月には、学校長に対して要望を出し、「この指示では実際の国歌『君が代』指導はできない」と言っている職員がいることを市教委に伝え、「君が代」指導の仕方についての見解を聞くよう求めました。校長はそれを伝えてくれたかどうかよくわかりませんが、市教委はその問いには答えないというようなことを言っていました。

一職員としてもいろんな問題提起ができると思い、働きかけをしています。その上での昨年同様の教育長通知なので、職員としての仕事にかかわる問題として、教育長あての質問を2月8日に郵送しました。また、東京の根津さんの意見陳述の一部と保護者の立場で不起立された詩人・丁章さんの詩「不起立の記」もご紹介します。

子どもたちの人権を守ることを主張し、私たちの人権がそのためにも守られなければならないと主張していきたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中