カテゴリー別アーカイブ: 大阪市教育委員会による文書

市教委との「協議」の報告~これでいいのか!?事実を教えない教育

D-TaCではこれまで、大阪市教育委員会が市内の小中学校校長に対して、「君が代」の起立・斉唱の職務命令を出すように指示した教育長通知について、市教委との協議を重ねてきました(大阪ネットと共同で)。その内容を紹介し、報告するメールを各小中学校に対して送付しています。

このたび、市教委のホームページに協議の議事録要旨等がアップされましたので、その内容の報告として各小中学校にメールを再度送付しました。
すべての教職員のみなさんに読んでいただきたいです。ぜひお知り合いのみなさんにもお知らせください。

7月13日には集会も予定しています(「君が代」処分撤回!2年目ステップ集会)。ぜひご参加ください。

今回、小中学校に送ったメールのPDFファイルはコチラです。

以下にも本文を貼り付けています。

(以下)


続きを読む

広告

大阪市教委から「君が代」指導についての回答

D-TaCでは、児童・生徒に対する「君が代」指導と教職員への起立・斉唱を強制する職務命令に関わって、本年1月5日付で「質問と要請」を大阪市教育委員会に提出しました(大阪ネットと連名にて)。

その回答にかんして2月12日と3月3日に「協議」を実施したことを受けて、要望書、回答書、および議事録(要旨)が市教委のホームページにアップされています。

しかしこちらにアップされた回答では、歌いたくないと意思表明した児童・生徒への対応について、答えにならない答えしか返っていません。この点を「協議」の場で議論し、のちに回答を受け取りました。その回答はコチラです。

【回答】
国歌の指導は、学習指導要領に則って取り組む教育上の課題の一つです。
これに関して、教育活動の一部または全部に参加できない意思を示す児童・生徒がいた場合、その思いを尊重するとともに、指導にあたっては、児童・生徒の実態をふまえながら、参加のあり方について、気持ちに寄り添った丁寧な対応を心がけることが大切であると考えています。