カテゴリー別アーカイブ: 活動報告

市教委との「協議」の報告~これでいいのか!?事実を教えない教育

D-TaCではこれまで、大阪市教育委員会が市内の小中学校校長に対して、「君が代」の起立・斉唱の職務命令を出すように指示した教育長通知について、市教委との協議を重ねてきました(大阪ネットと共同で)。その内容を紹介し、報告するメールを各小中学校に対して送付しています。

このたび、市教委のホームページに協議の議事録要旨等がアップされましたので、その内容の報告として各小中学校にメールを再度送付しました。
すべての教職員のみなさんに読んでいただきたいです。ぜひお知り合いのみなさんにもお知らせください。

7月13日には集会も予定しています(「君が代」処分撤回!2年目ステップ集会)。ぜひご参加ください。

今回、小中学校に送ったメールのPDFファイルはコチラです。

以下にも本文を貼り付けています。

(以下)


続きを読む

大阪市教委から「君が代」指導についての回答

D-TaCでは、児童・生徒に対する「君が代」指導と教職員への起立・斉唱を強制する職務命令に関わって、本年1月5日付で「質問と要請」を大阪市教育委員会に提出しました(大阪ネットと連名にて)。

その回答にかんして2月12日と3月3日に「協議」を実施したことを受けて、要望書、回答書、および議事録(要旨)が市教委のホームページにアップされています。

しかしこちらにアップされた回答では、歌いたくないと意思表明した児童・生徒への対応について、答えにならない答えしか返っていません。この点を「協議」の場で議論し、のちに回答を受け取りました。その回答はコチラです。

【回答】
国歌の指導は、学習指導要領に則って取り組む教育上の課題の一つです。
これに関して、教育活動の一部または全部に参加できない意思を示す児童・生徒がいた場合、その思いを尊重するとともに、指導にあたっては、児童・生徒の実態をふまえながら、参加のあり方について、気持ちに寄り添った丁寧な対応を心がけることが大切であると考えています。

「大阪市、君が代不起立で昨年戒告処分の教諭を再任用」

4月13日「共同通信」の取材・配信の「松田さん再任用」記事が、「大阪日日新聞」など各紙に載りました。(大阪日日新聞のコピーはコチラ。松田さんの所属組合のニュースもお読みください。)

引き続き、処分撤回と子どもへの「君が代」強制ストップへの支援をお願いします。

(以下は新聞記事)

大阪市、君が代不起立で昨年戒告処分の教諭を再任用
(日刊スポーツ.com 2016年4月13日21時10分 )http://www.nikkansports.com/general/news/1631212.html

大阪市教育委員会が「君が代起立条例」に基づく職務命令に違反し、市立中卒業式の国歌斉唱時に起立しなかったとして昨年5月に戒告処分にした松田幹雄教諭(60)を4月1日付で再任用したことが13日、分かった。

同条例違反で懲戒処分を受けた教諭が定年を迎えた初のケースだった。市教委によると、特段の理由がない限り地方公務員の再任用を認めるよう求めている国の方針を基に判断した。

同様の条例がある大阪府教委は不起立を理由に戒告とした教員の再任用を拒否した例がある。松田氏を支援する「教職員なかまユニオン」は「市教委の判断は当然。拒否が異常だ」としている。(共同)

産経新聞の誤報に抗議しています

松田さんの再任用決定のお知らせがあった日、産経新聞に次のような記事が掲載されました。

「『君が代起立』は教育を荒廃させる」
…大阪市立全小中424校に市民団体がメール
市教委「市方針と著しく異なる」と実施の徹底通知
http://www.sankei.com/west/news/160315/wst1603150013-n1.html

実はこのネット記事の見出しは当初、「『君が代起立』は教育滅ぼす」となっていました。
私たちは、「起立斉唱強制職務命令が、教育荒廃をもたらす」という表現はしていますが、「『君が代起立』は教育滅ぼす」とは、全小中学校に送ったメールはもちろん、今までどこでもこんな表現をしたことはありません。これは誤報であり、歪曲報道であって、抗議する必要があると思います。
D-TaCではすぐに産経新聞に抗議し、翌日、ネット記事の見出しは上記のように訂正されました。また、記事の最後に訂正について記載されました。

しかし、訂正された見出しだけでなく他にも誤りがあるので、D-TaCでは以下の正確な文言に訂正してほしいと求めて、産経新聞との協議を継続中です。

○ 見出しの「『君が代起立』は教育を荒廃させる」を、「『君が代』強制の職務命令は教育を荒廃させる」に替えること。(D-TaCは「強制」に反対している。)

○ 本文(Web版)の1行目「国旗掲揚や」を削除すること。(D-TaC等からの2/10付の学校宛メールでは、国旗については触れていない。)

続きを読む

再任用が決まりました

松田です。
今日(3月15日)午後、校長から「市教委からの連絡で、再任用は合格。赴任校の2次内示は3月28日。」との連絡を受けました。
いろいろとご支援ありがとうございました。
学校に残って闘えることをとてもうれしく思います。

卒業式の報告~「ミキオのビラ、持ってるで」

松田です。

昨日の卒業式の報告をします。

(校門付近では、D-TaCの会員の方たちがD-TaCの「おめでとうビラ」をまいてくれました。)

昨年の人事で学校長が、私を卒・入学式の担当学年でない2年に配属した時点で、式場外の役割分担になるころはわかっていました。警備担当でした。

卒業式に向けた焦点は、「君が代」斉唱に対して学校が説明責任を果たすことでした。

昨年、生徒配布した「資料:卒業式・入学式の国旗・国歌について」を大阪市教育委員会の指示で、校長が今年は使用させないと言っていたので、大阪市教委との「協議」で追及しました。3月3日の「協議」で、市教委は、「記載事項の個々の部分が事実かどうか、ふさわしいかどうかを検討した結果ではなく、『全体としてのトーン』が学習指導要領の目的(国旗国歌を尊重する気持ちを育成する)に沿っていないことが問題」と繰り返し、居直りました。

それを受けて、3月8日に、学校長に対して以下の文書を渡し、全職員にも机上配布して、回答を求めました。

 

学校長への質問及び確認

2016年3月8日 松田幹雄

 職員朝礼時に質問からしていると回答時間がなくなると思い、事前に質問させていただきます。職員朝礼時にお答え願えればと思います。

<質問>

 昨年3年生の生徒に配布して指導に活用した「資料:卒業式・入学式の国旗・国歌について」は、「(大阪市教委の指導によって)今年度は使用しない」と学校長は判断されているということです。国歌斉唱指導は、誰が、どういう内容で、いつ行うのですか。

<確認>

 大阪市教委は、「資料:卒業式・入学式の国旗・国歌について」の内容に関わって、個々の記述がだめだと言っているわけではない、あくまで「全体のトーン」が問題だと言っていると答えています。「君が代」の歌詞の意味も分からない生徒も多い中で、「君が代」の意味や扱いの経緯について質問されたら、答えていいことをご確認ください。

 なお、3月3日の市民「協議」で大阪市教委は、生徒の「君が代」斉唱は「思想・良心の自由」に関わる問題だと認めています。学校が説明責任を果たすべきことは当然だと思います。

以上

この文書を手渡したとき、校長は、前回の学力向上・教育課程検討委員会で、「卒業式の直前ではなくもっと早い段階で、平和教育の中でふれたらどうか」という意見があったように、直前では新たなことはしないと言いました。結局、職員朝礼時には何も答えなかったので、「確認」の内容については何も言っていないのですが、それは確認されたことと理解することにしました。

続きを読む

教職員のみなさんへ~その2

大阪市の小中学校の教職員のみなさん。

市民のみなさん

D-TaCでは、2月12日に続いて、3月3日にも大阪市教育委員会との「協議」を行いました。「君が代」の起立斉唱を指示する職務命令にかんするものです。「協議」の内容をみなさんにお伝えしたいと思い、大阪市内の小中学校にあててメールを送っています。(「協議」における議論の内容や市教委回答の問題点を報告するものになっていますので、市民のみなさんもぜひお読みください。)

市教委は、「君が代」斉唱が「思想・良心に自由」にかかわる問題だと認めています。卒業式にあたってはぜひ、児童・生徒の「思想・良心の自由」が守られるための配慮をお願いしたします。

2月22日に送ったメールの内容

3月11日に送ったメールの内容

D-TaCではこれまでもみなさんの学校にメールを送っています。コチラもあわせてごらんください。

↓  ↓

教職員のみなさんへ~全小中学校にメールを送りました